メイド・イン・ フチュウ展公開制作の20年

府中市美術館の公開制作プログラムは、全国でもユニークな取り組みです。
館内常設のスタジオに美術家が通い、制作を公開しています。
プログラムが20年目をむかえる記念の年に、これまでとこれからの公開制作を、動画や音声で配信します。

公開制作の20年アーカイブ写真

新型コロナウィルス感染症対策のための休館中、メディア・アーティストの児玉幸子さんは、館内でひとり制作を行っていました。このとき来館者がアーティストと同じ空間に立ち、制作の様子を見て対話することは叶いませんでしたが、ウェブサイトでの発信が「公開制作」を外につなげる「線」となりました。

※府中市美術館の休館は、2020年の4月8日から6月1日まで。 ※児玉幸子さんは6月以降、残る制作を行い、8月に作品を完成させました。
児玉幸子公開制作プロセス(美術館サイト)
児玉幸子公開制作特設サイト

しばらくは感染症対策を行いながらの美術館活動が続きます。その間も美術家たちは、つくることに熱い思いをはせています。「公開制作」プログラムでは、そうした美術家たちのすがたを紹介していきます。美術館開館中は館内で直接ご覧いただけますが、オンラインでの配信を同時に行っていきます。

※2020年9月から2021年2月までに開催される公開制作と展覧会が対象です。

美術家たちの「つくる」ことに向き合うすがたから、あらたな発見や勇気を、どうぞみつけてください。

20年目の公開制作を動画配信

公開制作20年の節目の今年、2組の公開制作の様子やゲストとのトークを動画や音声で配信します。
ゲスト作家とのセッション当日は、ライブ配信でご覧になれます。

※なお、作家の来館は期間中毎日ではありませんのでご注意ください。

メイド・イン・フチュウ 公開制作の20年

企画展 「メイド・イン・フチュウ 公開制作の20年」に関連して、動画・音声を配信していきます。
過去の貴重な記録も随時公開予定。
期間中のワークショップはインスタグラム画像でみることができます。

アーカイブ動画


府中市美術館YouTubeチャンネル
府中市美術館サイト